ICシリンダー

プロテッククリックProtech CLIQ

アブロイ独自のメカニカル技術と、エレクトロニクス技術を融合

高いセキュリティレベルと利便性を兼ね備えた最新技術を駆使したICシリンダーです。

キーに内蔵されたバッテリーと電子回路が、電力と暗号化された信号をICシリンダーへ送信してセキュリティ・コミニュケーションを行います。

時間や場所、グルーピングなど、いろいろな条件を細かく設定することができるため、利便性に優れた施錠・解錠アクセス管理と高い機密性を保持して運用頂けます。

10

シリンダー内部には超小型モータと電子回路が内蔵されています。

キーとシリンダーが電子認証によるコミニュケーションを介して、開けられる/開けられないの判断が行われます。

さらに、シリンダーに内蔵されたメモリーにより、いつどのキーにより施錠・解錠されたのか等の操作履歴(監査証跡)が記録され、必要に応じて簡単に情報が収集できます。

例えば、シリンダーにはどのキーで施錠/解錠されたか、

不正なキーの挿入がなかったか等

時間軸による監査証跡がしっかりと記録され、簡単に確認できます。

コンパクト設計

既存のシリンダーと同等の寸法、形状というコンパクトな商品設計を実現しました。

ハイスペックセキュリティ

メカによる照合、ICデータ照合と二重の照合により、とてもセキュリティが高い商品です。

時間設定によるキーの利用

シリンダー側にてカレンダー及び曜日による時間設定を行い、キーの利用ができない時間を設定することが可能です。

データの変更、抹消が容易

キー紛失時、人事異動時のデータ変更及び抹消などが容易に行えます。

キー側のログも取得可能です

シリンダー側だけでなく、キー側の操作履歴も取得できます。

難解なマスターシステムも大丈夫

開けたいシリンダーのみ設定すれば、意識せずに複雑なマスターキーシステムが構築されています。

電源とネットワークの配線が不要です

電気配線が不要なため、取り付けが容易でライフサイクルコストの低減もはかれます。

コストパフォーマンス

制御装置、電源装置、配線工事費用が不要なためコストパフォーマンスに優れた商品です。

メカニカルシリンダー併用

ユーザーキーはICシリンダーはもちろん、メカニカルシリンダーを解錠することも可能です。


シリンダーは共通です


南京錠、ドア錠、家具錠、カムロック等が同じキーで全て施錠・解錠が行えます。

システムとしての応用例や詳細はソリューションのページを是非ご覧ください。

Copyright © KYOEI KOGYOU Corporation 2013.All Lights Reserved